【海上知明『「義経」愚将論』感想】内容は面白い?でも?

2022年8月10日

広告

こんにちは〜!

こんにちは!

先日、

上の2記事を書いたんですけど、

どちらも、

源義経は名将なんかじゃない!

という記事だよね!

そう。

そして上の2記事は、

海上知明さんの

『「義経」愚将論』

という本を参考に、

書いたものでした。

この本、

面白いの?

面白くはあったんだけど、

う〜ん。

???

という感じの感想だったんだよね。

この記事では、

そこの所を詳しく、

『「義経」愚将論』

の感想

を説明していきます!

『「義経」愚将論』を、

読もうか検討している人!

この記事を読んでから購入してください!

内容は面白い?

『「義経」愚将論』、
面白いの?

う〜ん、

内容は面白かったんだけどね。

  • 義経の資料は黄瀬川の戦いから数年しか残ってない。
  • 一ノ谷の戦いは平家の方が兵数が多かったけど、だまし討ちで勝った
  • 屋島の戦いは平宗盛の自滅
  • 平清盛は戦さの天才
  • 逆に源氏はみんなヘッポコ

などなど、

読んでいて面白い所は、

ありました。

普通に
面白そうじゃない?

平家びいき・源氏嫌いがすごい?

『「義経」愚将論』、
面白そうな本なのに、
何が『う〜ん』なの?

それがね。

作者の人の、

源氏嫌い

平家びいき

がすごい。

って所かな。

そうなの?
義経が『愚将』と
言われてるのは、
気になるけど。

資料を調べた上での、

結果なんだろうけど、

あまりにも源氏嫌い、

平家びいきが凄すぎて、

引いてしまう。

っていう感じかな😅

そんなに好き嫌いが、
激しいんだ!
この手の本にしては、
珍しいよね!

ひいきの感情が凄すぎて説得力を感じない?

それに、

こんなに、

源氏嫌い・平家びいきがすごいのって、

どうなんだろう?

と思ってしまった。

どういう事?

こういう本を書くなら、

もっと公平に書いた方が、

説得力があるんじゃないだろうか?

と思えてしまい、

この本で言ってる事を、

信じる事ができなかった。

という感じかな〜。

なるほど!

作者の源氏嫌い、

平家びいきが凄すぎて、

感情的すぎて、

本の内容を信じる気になれなかった

ということか!

そう!

義経の事が嫌いでも、

この本に書いてある事を、

よく理解して欲しかったら、

義経嫌いの感情を、

抑えて書くべきだったんじゃないか?

と思います😅

というわけで、

作者の平家びいき、

源氏嫌いが凄すぎました!

公平ではなく、

本の内容を信じる事ができませんでした!

『「義経」愚将論』感想まとめ

  • 本の内容は面白い
  • しかし作者の源氏嫌い・平家びいきの感情が凄すぎて、読む方は引いてしまう。
  • 感情的すぎて公平ではない。本の内容が本当か信じる気になれなかった。

という感じの感想になりました。

まあ要は、

本は面白いけど、

作者を信用できない。

好きになれない。

という感じの内容でした😅

正直、購入は

オススメしません😅

感情を入れ過ぎず、
源氏・平家に
公平な内容なら、
良い本だったのかな〜?

他の研究者への批判とかも、

あったしな〜😅

ちなみに、

その後この本を読んだんですが、

面白かったですよ!

オススメ!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!