税金の本を読んだ!「図解 わかる税金 2020-2021版 収入にかかる税金 財産にかかる税金 生活にかかる税金」

2021年9月7日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

最近Twitterでよく

「○○を学校で

教えてくれたら

良いのに!」

ってツイートを見ませんか?

葬式の段取りとか投資とかで、

このセリフをよく見る気がします。

あと僕、

もう一つ、

学校で教えるべき事があると

思うんですよね。

それは…

税金。

消費税とか所得税とか、

生活の色々な所で

税金ってかかってくる。

それなのに、

あまりにも、

教えてもらえる機会が

少なくないですか?

僕も、

「ちょっとコレはどこかで

サラッとでも税金を

一通り勉強したい」

 と思って、

こんな本を読んでみました。

「図解 わかる税金

2020-2021版

収入にかかる税金

財産にかかる税金

生活にかかる税金」

🤡「うわ〜タイトル

見るだけで

頭痛がするね!」

というピエロみたいな人も

多いのでは?

タイトルそのまま税金の本です。

初心者向けで僕にも分かりやすいです。

「税金について知りたい!」

という人にオススメしたいですが、

税金は誰でも触れる問題。

サラッとでも一通り、

この本を読んでおいた方が、

良いかもしれません。

難しい本だけど税金の全体像をサラッとでも頭に入れておいた方が良い?

この本は、

暮らしと税金、

サラリーマンの税金、

不動産にかかる税金、

相続・贈与にかかわる税金、

さまざまな税金

と大きく5つに分かれてて、

僕としても難しい本でした。

難しいし正直、

本の内容がグイグイ

頭に入ってくる感じの

本でもない。

難しい所や

実感の湧かない所

さらっと読みました。

🤡「実感の

湧かない所って?」

それはね。

相続税とか、

まだ経験した事がない税金の

内容はピンと来ない

じゃないか

でも、さらっとでも、

税金の全体像を

頭に入れておいた方が

絶対に良いと思うんです。

サラッと読んでおいて

本棚に置いておく。

またどこで税金の知識が

必要になったら、

必要な部分を読み返す。

そんな使い方が出来る本だと思います。

難しい本の読み方は?

🤡「でも、そんな難しい、

税金の本を

よく読み切れたね?」

そう、正直ストレスな部分もあったので、

読み方を考えた。

どうやって読んでたかというと、

基本的に1日8ページ位読むことにし、

税金の本を読み終わったら

小説を読んで良い

という条件で長い日にちをかけて、

のんびり読み切りました。

 ためになるけど難しくて

神経使う本

「税金の本を読んだ後で

自分の好きな、

面白い本が読める」

というご褒美をあげる様な

読み方

モチベーションを上げました。

 難しい本の後に、

好きな面白い本を読む。

ノルマを作って読むことで、

難しい本でも、どうにか、

読み進めることが出来ると思います。

まとめ

  • 「図解 わかる税金 2020-2021版 収入にかかる税金 財産にかかる税金 生活にかかる税金」は様々な税金について書かれた本。一通りサラッとでも読んでおいて、本棚に置いておいた方が良い本。
  • こういう難しい本は「1日8ページ読む」とかノルマを決めておいて、その後に自分の好きな小説を読んだりして読み進める

🤡「税金の本を紹介する

記事なのに、

本の読み方を説明する記事に

なっちゃった?

そうかも😅

では、そんな感じで今日は失礼します〜!

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!