【漫画「十角館の殺人」完結!5巻の感想!】小説では有名な最後の「あのシーン」がすごい?

2022年10月28日

広告

こんにちは〜!

漫画

十角館の殺人

最終巻の5巻

めちゃ良かったです!😭

マジか!
どの辺が?
十角館の殺人といえば、

最後の

『あのシーン』だよね!」

そう!

漫画「十角館の殺人」

5巻の感想

を書いていきます!

まだ5巻を読んでない人のために、

ネタバレなしで書きます!

伏せ字○○
だらけになるかも!

漫画「十角館の殺人」5巻を、

読もうか迷ってる人!

読んでみてください!

最後に「十角館の殺人」

の漫画を、

お得に読む方法を説明してます!

最後の有名な「あのシーン」がすごい?

小説では、
有名だった、
『あのシーン』、
どうだった?

○○が、

「×××・×××です」

伏せ字だらけで、
わけが分からないよ〜!

小説を読んだ人は、

この伏せ字だらけでも、

分かるはずです😅

○○が、

△をバラして、

「×××・×××です」

と言うのは、

予想通りでした。

しかし!

予想通りだったのに、

鳥肌が立った。

え?
どういう事?

いや、

清原紘さんの、

絵の美しさ

により、

予想以上の迫力が

あった。

と言うべきかな。

美麗な絵との、
相乗効果で、
小説とは別物の
感動があった感じか!

タメを作ってドーン!

しかも、

「×××・×××です」

のシーン、

△をバラしながら、

2ページのタメを作って、

2ページの見開きでドーン!

そして、

そこで、

「×××・×××です」。

「予想できた」と言ったものの、

何回もそのシーンを

見返してます!

よっぽど良い
演出だった
って事か〜!

そう!

このシーンを見るだけでも、

十角館の殺人5巻を見る価値はあります!

今すぐに読みましょう!

漫画「十角館の殺人」5巻の感想

  • 漫画「十角館の殺人」5巻は「あのシーン」が清原紘さんの美麗な絵と相乗効果で良い!
  • タメを作って見開きドーン!が良い!

他に、
漫画「十角館の殺人」の、
良かった所は?

中村千織がかわいい😍

いや、
美麗な絵だけど、
「女の子が可愛い」
で終わるのかよ!

いや、

5巻を読んでくれたら、

みんな共感してくれると、

思いますよ😅

というわけで、

十角館の殺人5巻、

ぜひ読んでみてください!

また、

漫画「十角館の殺人」、

電子書籍なら安く読めますよ!

オススメの電子書籍サイトは、

上の記事で説明してます!

「十角館の殺人」の漫画は、

70%割引で読めますよ!

漫画「十角館の殺人」の記事については

上の記事でまとめてます!

興味のある記事から

読んでみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!

↓漫画「十角館の殺人」関連記事↓

※このブログの中に、

この記事の伏せ字部分を、

あからさまにタイトルに使った記事

があります。

5巻を読み終えた人は、

読んでみてください。