アフィリエイト広告を利用しています

今村昌弘「でぃすぺる」の感想・評価!小学生が主人公のオカルトミステリー?

2023年12月5日

こんにちは!

今村昌弘さんの

「でぃすぺる」の

感想・評価

を説明していきます!

まず最初に

  1. 主人公は小学生?
  2. 田舎町の七不思議を探るオカルトミステリー?

の感想2点を説明し、

この小説の個人的な評価

そして、

「でぃすぺる」は

小学生など子供が読んだ方が

楽しいのでは?

という事を説明していきます!

「でぃすぺる」を読もうか迷ってる人は

参考にしてみてください!

小学生3人組が謎の事件の真相を探る!

「でぃすぺる」、

主人公は小学生

なんですよ。

剣崎比留子シリーズの
剣崎比留子と
葉村譲は
大学生だったけど、
小学生か〜!

小学校のクラスで

掲示係になった、

  • 木島悠介(きじまゆうすけ)
  • 波多野沙月(はたのさつき)
  • 畑美奈(はたみな)

の3人。

掲示係になった3人は

壁新聞を作る事になり、

その題材に、

自分たちの住む奥郷町で起きた、

事件について書いていくんです。

実在の事件を
小学生が
調査するわけ?
それを壁新聞に?

オカルト好きのユースケ

怪異など信じないサツキ

自論をぶつけ合うのも

面白い所ですね!

木島悠介
(ユースケ)
オカルトが好きな以外は
他に取り柄のない少年。
オカルトでクラスの
人気者になりたい!
波多野沙月
(サツキ)
クラス委員長を
やってた女の子。
生真面目で
怪異など信じてはいないが
ある事件を
調査するために
掲示係になる。
畑美奈
(ミナ)
おとなしい性格だが
途中から
ユースケとサツキの
考えをジャッジする
役割になる。
また小説の途中から
ミステリー小説に
ハマっていく。

3人について簡単に説明すると

こんな感じですね!

性格バラバラの
3人!
掲示係、
やっていけるの?

まとめると、

「でぃすぺる」の主人公は

掲示係の3人の小学生、

ユースケ・サツキ・ミナ!

性格バラバラの3人が

奥郷町で起きた事件を探り、

壁新聞にする!

田舎町の七不思議を探る?オカルトっぽいミステリー?

それで3人が
壁新聞に書こうとしてる
事件って何なの?

奥郷町で雪の降る日に

女性が死んだんだよね。

それがまた、

雪密室みたいな現場だった。

密室きた!
本格ミステリーだ!

そして死んだ女性は、

死ぬ前に自分のパソコンに

奥郷町の七不思議について

6つの謎を残していた。

7つ目の謎を知った者は

死んでしまう。

こわっ!
オカルトだ!
オカルトの入った
ミステリー!

その女性の残した七不思議は

何かの真相を隠して

書かれた物ではないか?

そう思った掲示係の3人は

女性の死と七不思議について

探っていくわけです。

危ない目に
合ったりしなけりゃ
いいけど!

雪密室の様な状況で死んだ女性が残した

七不思議は何かの真相を

隠した物じゃないか?

そう思った掲示係の3人は

女性の死と七不思議について

探っていく!

オカルトの入った本格ミステリー!

「でぃすぺる」の評価:剣崎比留子シリーズほどではないにせよ面白い!

「でぃすぺる」、

面白かったんですが、

「屍人荘の殺人」とか

剣崎比留子シリーズの方が

個人的には面白かった

という感じです。

ありゃ?
そうなの?

途中で単調な気分に

なってしまって😅

まあ400ページもあるというのも

あるかもしれませんけどね😅

子供でも読みやすい?

ただ「でぃすぺる」、

子供でも読める小説

だと思ってます!

というか子供向けの小説なのかも?

子供向けなの?
主人公が
小学生だから?

そんな気がしてます。

私みたいなオッさんよりも

小学生が読んだ方が楽しめる

気がしますね!

小学生が400ページの本を

読めるのかは分かりませんが😅

小学生向けっぽくは
あるものの、
ページ数の多さに
ギブアップ
しない様に気をつけて!

今村昌弘「でぃすぺる」の感想・評価まとめ

  1. 主人公は掲示係の3人の小学生、ユースケ・サツキ・ミナ!性格バラバラの3人が奥郷町で起きた事件を探り、壁新聞にする!
  2. 雪密室の様な状況で死んだ女性が残した七不思議。それは何かの真相を隠した物じゃないか?そう思った掲示係の3人は女性の死と七不思議について探っていく!オカルトの入った本格ミステリー!
  3. オジサンの評価としては「屍人荘の殺人」など剣崎比留子シリーズの方が面白かった。途中がやや単調。
  4. 主人公が小学生なので、子供向けの小説家も?小学生が読んだ方が楽しめそう!

というわけで、

「でぃすぺる」はどちらかというと、

子供向けの小説!

「兇人邸の殺人」、

剣崎比留子シリーズの続編を待ってる人が

楽しめるかは分かりませんが、

ほどほどに面白かったとは

思いますよ!

暇つぶし程度に読むのは

アリだと思います!

ところで、

もしかしたらまだ、

「でぃすぺる」を読むかどうか、

迷ってたりします?😅

そりゃ
「子供向けかも?」
とか言われたらね!

じゃあそんな人は、

もし「でぃすぺる」が

189円(90%OFF)

とかで読めたら、

ハードルが下がりますか?

え?
3ケタの値段?
そりゃそんなに安けりゃ、
読む気はするけど…
どうすれば
189円になるの?

紙の本ではなく、

電子書籍なら「でぃすぺる」を

189円で読めます!

電子書籍
サイト
登録後の
割引額
割引上限
Kindle70%OFF3000円
楽天Koboポイント
70%還元
最大
2000円
ebookjapan70%OFF
×6枚
500円
(×6枚)
honto50%OFF5000円
【DMMブックス】90%OFF2000円
booklive!50%OFF24時間
以内
小説を扱う電子書籍サイト各社の登録後の割引率

上の表の様に、

電子書籍サイトに登録すると

かなり安い割引クーポンが出ます!

この中で「でぃすぺる」を

189円で読めるのは、

DMMブックスです!

DMMブックスに登録すると、

電子書籍が

90%OFFになる

クーポンが出るんですが、

このクーポンを使うと、

「でぃすぺる」が189円になりますよ!

90%OFFって
1/10の値段になるって
事だよね!
これは安い!

ただし90%OFFになるのは

初回購入の時だけです!

2回目からは

90%OFFにはなりません!

初回購入の時に、

割引上限いっぱいまで

使い切るのをオススメします!

DMMブックスに登録して「でぃすぺる」を189円で読む!

文庫本派の人は

こちらの記事

読んでみてください!

など、

今村昌弘さんの小説に関する記事、

他にも書いてます!

など、

2023年後半に出た

ミステリー小説の感想・レビュー記事

も書いてます!

以上です!

https://twitter.com/comic_novels

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!

※スパムコメントしか来ないため、

コメント欄は閉鎖しました。