【続編もどんでん返し?かわいい?】相沢沙呼さんの小説「メディウム」の続編は?

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

相沢沙呼さんの、

「medium(メディウム)

霊媒探偵城塚翡翠」

文庫本になって、

また売れてるみたいだ。

上の記事に検索がよく来ます。

🤡「翡翠ちゃんは可愛いし、

最後に世界がひっくり返る感じ、

すごいよね」

「メディウム」を読んだ人は、

続きが読みたいだろうなあ。

🤡「メディウムの続編はあるの?」

あるよ!

今日はメディウムの続編について、

簡単に説明します!

🤡「続編小説のタイトルを言うだけだろ。

もったいぶるなよ」

すぐ言うから😅

文庫本「メディウム」を読んで、

続きを読んで見たくなった人、

読んで欲しいです!

続編も面白いですよ!

「メディウム」の続編小説は?

🤡「はい!

『メディウム』の続編小説は?」

これです!

「invert

城塚翡翠倒叙集」。

🤡「前に紹介したのに、

もったいぶりやがって。

はい!

『invert』はどんな小説ですか?」

詳しくは上の記事に書いたので、

簡単に説明しますが、

今回は「メディウム」と同じく、

城塚翡翠と、

助手の千羽崎真(ちわさきまこと)

が主人公。

ただし、

犯人目線の倒叙もの小説

として話が進みます。

🤡「犯人が最初から、

誰だか分かってるんだな」

そんな犯人目線のミステリーの、

短編を5話収録した小説。

「invert」でも、

「メディウム」の様な、

どんでん返しが楽しめますよ!

🤡「また世界がひっくり返るのか!

楽しみだな!」

まとめ

「メディウム」の続編、

「invert 城塚翡翠倒叙集」は、

城塚翡翠と千羽崎真を主人公にして、

犯人目線の倒叙ミステリーを、

短編で5話収録してます!

「メディウム」と同じく、

どんでん返しが楽しめます!

是非読んでください!

🤡「さらに『invert』の続編って、

出たりするのかな?」

「invert」が今年(2021年)に、

出たばかりだから、

最低でも1年以上は、

待たないといけないんじゃないかな?😅

相沢沙呼さんも、

Twitterで苦しい気持ちを、

吐き出してたし😅

🤡「そうか〜。

『invert』の続編が出るか分からないし、

出てもまだまだ先か!」

そんな感じです!

期待してじっくり待ちましょう!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!