【不思議な世界?アーサー=宮田珠己さん?】「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」感想

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

少し前、

宮田珠己さんの

アーサー・マンデヴィルの

不合理な冒険

という小説を読んだんだ!

🤡「あ〜宮田珠己さんね!

このブログでは、

宮田珠己さんの本をよく紹介してるよね!

…って小説⁉️」

宮田珠己さんが今まで出してきた本って、

旅行記がほとんどだよね〜。

小説はたしか初めてのはず。

🤡「どんな小説なの?

おもしろかった?」

初の小説とは思えないほどに、

おもしろかったよ!

この記事では、

僕の個人的な、

「アーサー・マンデヴィルの

不合理な冒険」

の感想

を書いていきます!

読んでくれたら、

この本が大体どんな内容か、

わかると思います!

元々、

宮田珠己さんの本が好きな人!

「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」を、

読むかどうかの参考にしてください!

おとぎ話?世界史の実話のような話?ファンタジー?

🤡「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険、

どんな話だったの?」

主人公のアーサーと、

その弟のエドガー

修道士のペトルスが、

ローマ教皇の命で、

ローマからインドの方へ、

プレスター・ジョンの王国

を目指して旅をする話なんだ。

🤡「ローマ教皇?

世界史の実話の話だったりするの?」

いや、そう感じるんだけど、

あくまで背景を、

大航海時代?

(世界史はあまり詳しくないんです😅)

の設定にしてあるだけかな。

それに、

現実とはかけ離れた生物

が出てくるから、

実話の話じゃないね。

🤡「現実とはかけ離れた生物?」

それは後で説明するとして、

「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」、

おとぎ話とか、

ファンタジーのような、

そんな世界観もあると思ってます。

🤡「なるほど。

大航海時代?

世界史の実話のような設定で、

おとぎ話とかファンタジー要素もある、

世界観なんだな!」

不思議な世界観?

🤡「それで、

現実とはかけ離れた生物って、

何なの?」

不思議な世界観なんだけど、

  1. 雲のような羊のような生物
  2. 魚に足の生えた生物
  3. 頭部が犬の人間
  4. 女性の体の形をした植物

など色々な不思議な生物が出てくる。

🤡「現実離れした生き物ばかりだね」

2の「魚に足の生えた生物」

に関して言うと、

「あるもの」を食べる事で、

普通の人間が、

この魚に足の生えた生物に、

なってしまったりする。

🤡「え?

こわっ!」

そう。

少しだけど怖い所もある小説だね。

🤡「えーと、

まとめると、

アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険では、

魚に足の生えた生物のような、

不思議な生物が出てくる!

不思議な世界観!

人間が魚になってしまうなど、

少し怖い要素もある!

という感じか!」

主人公のアーサーがまるまる宮田珠己さん?

この小説、

主人公のアーサーの語りが大半なんだけど、

🤡「主人公が語るパターンの小説か」

このアーサーの語りが、

今までの宮田珠己さんの本の、

語り方とほぼ同じなんだよね。

🤡「え?

あの正直に好き嫌いを言って、

笑える文体の語り?」

そういう感じ。

僕的には、

アーサー=宮田珠己さん

のイメージで読んでた。

🤡「でも、

それって、

今までの宮田珠己さんの本が、

好きな人にも小説に入りやすい

んじゃないかな?」

僕もそう思う!

そのおかげで、

入りやすかったと思うよ!

というわけで、

主人公アーサーの、

正直にものを言う感じが、

そのまま宮田珠己さんです!

だから今までの宮田さんの本を、

よく読んでた人にも、

入りやすいと思います!

「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」まとめ

  • 大航海時代?世界史の実話のような設定で、おとぎ話やファンタジーのような世界観!
  • 魚に足の生えた生物が出てきて、人間がそれになったりする。少し怖い所もある不思議な世界観。
  • 主人公アーサーの正直にものを言う所がそのまま宮田さん!今までの宮田さんの本のファンにも入りやすいと思います!

というわけで、

「アーサー・マンデヴィルの不合理な冒険」、

もともと宮田珠己さんの本が好きな人にも、

宮田珠己さんの本を読んだ事がない人にも、

オススメできる面白い小説です!

🤡「ぜひ読んでみてください!」

宮田珠己さんの、

これまでの旅行記もオススメです!

🤡「上の記事で紹介してます!

読んでみてください!」

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

🤡「Twitter・Instagramのフォローも、

よろしくお願いします!」

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!