【東川篤也「スクイッド荘の殺人」感想】13年ぶりの長編?イカの形の建物で事件?

広告

こんにちは〜!

こんにちは!

東川篤也さんの

「スクイッド荘の殺人」

を読みました!

感想を書いていきます!

これって、
どんな小説?

長編ミステリー小説だよ!

東川篤也さんの、

13年ぶりの長編小説なんだ!

待望の烏賊川市シリーズの新作!

「13年ぶりの長編って面白いの?」

と不安な人!

この記事を読んで、

「スクイッド荘の殺人」を、

読むかどうかの参考にしてください!

13年ぶりの長編?

東川篤也さん、
長編小説を出すのは、
13年ぶりなんだ!

そうなんだよ!

本屋で見かけた時、

え?

また短編でしょ?

(スクイッド荘の本をじっくり見る)

…え!

長編!?

買おう!

となりました😅

そんなに東川篤也さんに、
長編を求めてたんだね!
短編は物足りなかったの?

短編もまあ面白いといえば、

面白いんだけど、

これまでの烏賊川市シリーズの長編が、

面白かったし、

また濃い長編を読みたかったんだよね。

短編と長編は、
面白みが違うしね!

というわけで、

東川篤也さんの、

13年ぶりの長編ミステリー小説!

しかも烏賊川市シリーズの新作!

期待を高めて読みました!

この記事は、

その感想とか色々説明してます!

「スクイッド荘の殺人」を、

読もうか迷ってる人!

この記事を読んで参考にしてみてください!

イカの形をした建物「スクイッド荘」で事件が起こる?

さて少し前置きが長くなりました。

ここからが、

「スクイッド荘の殺人」の感想です。

スクイッド荘って建物で、
殺人事件が起こるって、
ことだよね?
スクイッド荘って、
どんな建物なの?

このスクイッド荘の形が、

面白い所なんだ!

スクイッド(squid)って、

英語で「イカ」の意味なんだけど、

スクイッド荘は、

イカの形をした構造

をしてるんだよね。

イカの形をした建物?
それって、
どういうこと?

まず母屋というか、

大きな建物があって、

そこから10本の通路(足)が伸びてる。

その先に10個のコテージが

ある建物なんだ。

なるほど!
母屋がイカの胴体で、
コテージと
そこまでの通路が、
イカの足を表してるんだね!

そう!

イカの形をしたスクイッド荘で、

殺人事件が起きます!

「スクイッド荘の殺人」はどんなミステリー小説?

「スクイッド荘の殺人」、
どんなミステリー小説なの?

主人公の探偵・鵜飼杜夫と、

助手の戸村流平は、

烏賊川市の会社の社長、

小峰三郎のボディガードの仕事を引き受け、

スクイッド荘に向かうんだけど、

スクイッド荘が大雪で、

閉ざされてしまうんだよね。

クローズド・サークル?

いや電話は通じるんだ。

な〜んだ。

スクイッド荘で起きた事件について、

鵜飼杜夫は警察の、

砂川警部と志木刑事に連絡を取る。

そして、

  • 鵜飼杜夫らスクイッド荘側
  • 砂川警部らスクイッド荘の外側

が同時進行で、

事件を解決に導く話なんだ。

2者が同時進行の
ミステリーか!
何かしらズレが生じた、
トリックを使ってきそうな
気がするね!

というわけで、

会社の社長・小峰三郎のボディガードで、

鵜飼杜夫と戸村流平は

スクイッド荘に来たが、

大雪でスクイッド荘が孤立してしまう!

鵜飼は砂川警部と連絡を取り、

鵜飼側と砂川警部側、

両者が同時進行で、

推理が始まる!

トリックが細かい?

そろそろ感想を、
書いた方が
いいんじゃないの?

そうだった😅

まあ正直言うと、

「驚くほど面白い!」

と言うほどではなかったんですよね。

そうなのか!

ただトリックとか、

色々な事件の出来事が、

緻密に繋がってて、

細かい所まで、

しっかり考えられてる感じ。

そんなわけで、

小さな驚きがたくさんあった。

「スクイッド荘の殺人」は、

そんな小説でしたね〜。

面白かった?

面白かったよ!

スクイッド荘の殺人、

ぜひ読んでみてください!

「スクイッド荘の殺人」感想まとめ

  • イカの形をした「スクイッド荘」で事件が起こる。
  • 大雪で閉ざされたスクイッド荘。鵜飼杜夫と砂川警部の両者が同時進行で事件を解決に導く。
  • 事件の細かい所まで、しっかり考えられてて、小さな驚きがたくさんあって面白かった!

しかし烏賊川市シリーズを、

相当久々に読んだので、

登場人物とか結構忘れてました!😅

また最初から、
烏賊川市シリーズを、
読まないといけないね!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!

hontoで「スクイッド荘の殺人」を読む!