「館島」の続編って出てるの?共通点は?

2022年12月9日

広告

こんにちは!

東川篤也さんの小説、

「館島」の続編って

あるの?

という疑問にお答えします!

「館島」が面白かったので、

続きを読みたい!

と思った人に、

この記事を読んでほしいです!

続編ありますよ!

ついこないだ出ました!

(2022年10月現在)

「館島」の続編とは?

「館島」の続編って
出てるの?

出てます!

ついこないだ出ました!

(2022年10月現在)

仕掛島

(しかけじま)

です!

いかにも館島と
似たようなタイトル!

そう!

というわけで、

「館島」の続編は

「仕掛島」です!

「館島」との共通点は?

でも「仕掛島」、
本当に「館島」の
続編なの?

同じ作家さんで
タイトルが似てるけど、
全く別内容の小説ってのも
たまにあるでしょ?

共通点が2点あるので、

間違いないと思います!

  1. 岡山県の瀬戸内海の島が舞台!
  2. 「館島」と共通・関連する人物が出てくる!

特に、

2の理由が決定的!

ではないでしょうか!

「館島」と
「仕掛島」で
共通・関連する人物
って誰?

それは仕掛島のネタバレになりそうだから、

言えません😅

その人物、

仕掛島のストーリーが

進んでから出てくるんですよね。

読んでのお楽しみ
ってことか!

そう!

とにかく、

  • 「館島」も「仕掛島」も、どちらも岡山県の瀬戸内海の島が舞台!
  • 共通・関連する登場人物が出てくる!

が共通点ですね!

仕掛島の詳しいレビューを読みたい人は、

こちらを読んでください!

「読む人を選ぶ小説」ですが、

「館島」を面白いと思ったあなたには、

問題ないでしょう!

館島の続編まとめ

  • 「館島」の続編は「仕掛島」!
  • どちらも岡山県の瀬戸内海の島が舞台!
  • 共通・関連する登場人物が出てくる!

仕掛島、

面白いので読んでみてくださいね!

もし、

「単行本は重たいからイヤ!」

「高いよな〜!」

という人には、

スマホやタブレットの、

電子書籍で読むといいかも!

オススメは、

DMMブックスです!

DMMブックスに登録すると、

「仕掛島」が

70%割引のクーポンが出ます!

「仕掛島」の定価は1980円ですが、

70%割引で、

594円

で読めます!

めちゃ安い!
文庫本なみの
値段だ!

1000円以上の単行本の小説が

70%も安くなるのは

DMMブックスだけ!

電子書籍なら紙の本と違って、

  • 重くない!
  • 本棚のスペースを取らない!
  • 値段が安い!

など良い所もたくさんあります!

DMMブックスで「仕掛島」を594円で読む!

登録は無料なので、

ぜひ試してみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!