【綾辻行人「another」感想】超常現象が起こるホラー小説だけど、叙述トリックを使ったミステリー要素も?

2021年2月3日

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーもデルピエロです❗️」

今日も本ブログという事で、

本の紹介記事です!

🤡「最近、本の紹介ばかりだな」

読書の秋だから読書がとても進むのさ❗️

🤡「のさ!じゃないよ。

何をカッコ付けてるんだか」

でも夏場は暑くて読書に使う頭が、

あまり働かなかった。

でも涼しくなって頭が働く様になり、

読書が進む。

その意味では「読書の秋」なんて言う言葉にも、

一理あると思うんだけどね。

🤡「『食欲の秋』も、

夏は暑くて胃が弱って、

あまり食べられない反動という事?」

そんな感じだと僕は思ってる。

さて本の紹介にいこう。

今日は綾辻行人さんの、

「Another」を紹介するよ!

🤡「綾辻行人さんと言えば、

綾辻行人さんの『十角館の殺人』を

原作にした漫画を紹介したね」

こちらも良かったら読んでみてください!

実は、この本を読むのは2回目なんだ。

🤡「え?今、再び読む事に意味があるの?」

そう、綾辻行人さんの新作、

「Another2001」を読むために、

2回目を読んだ。

🤡「2回も読んで面白い小説なの?」

むしろ2回目の方が面白く感じたなあ。

名作だと思ったよ。

🤡「マジか!

じゃあ今日は、

この本のどんな事を説明するの?

「Another2001」を読む前に、

「Another」と「AnotherエピソードS」を

読むべき理由と、

この小説はホラー?ミステリー?どっち?

ということ、そして、

簡単に話のあらすじを説明します。

🤡「綾辻さんはホラーもミステリーも、

色々書いてるから、

『Another』はどっち?って、

迷ってる人に読んでほしいなあ」

「Another2001」を読む前に「Another」を読んだ方が良い?

🤡「綾辻行人さんって」

ん?

🤡「最近新しい小説、

『Another2001』が出てたよね?」

そうなんだよ。

🤡「めちゃくちゃ分厚いやつ」

辞書みたいな分厚さだよね。

🤡「『Another』って、

『Another2001』の前の話でしょ?」

正確には「Another」と「Another2001」の間に

「AnotherエピソードS」がある。

🤡「シリーズ化してるんだね」

実は「Another2001」は、

まだ読んでないけど既に購入済み。

🤡「あれ?

じゃあ今『Another』を読んでるのは、

「Another」の内容を忘れたから?」

その通り。

小説のシリーズ物って、

新しい作品が出ても、

前の話の内容を忘れる事って良くあるよね?

僕はよくある。

🤡「もう一度読み返すのも、

面倒だけどね〜」

ただ現在暇だし、

小説を2・3冊読み返す時間なら、

割とある。

「Another2001」をしっかり理解して楽しむのに、

「Another」と「AnotherエピソードS」を読むのが、

必要だと思ったんだよね。

🤡「それに「Another」をブログに書く機会も、

出来たというわけか」

そういう事だね〜。

今「Another2001」の最初の方を

読んだんだけど、

「Another2001」を読む前に、

「Another」と、

「AnotherエピソードS」は、

絶対に読んだ方が良い。

と思った。

🤡「マジか。

その根拠は?」

「Another2001」は、

「Another」の事件と続いた、

ほぼ同じ様な事件が起こるんだよね。

🤡「その事件のルール

詳しく知るために、

『Another』を読んでおいた方が良いのか」

そして「Another2001」は、

「AnotherエピソードS」に出てきた人が、

主人公になる。

🤡「それは是非とも『エピソードS』も

見ないといけないな」

ホラー小説?いや、やはりミステリー?

🤡「さて、そろそろ『Another』自体の、

説明を頼もう

道場破りか。

綾辻行人さんと言えば、

館シリーズみたいな、

ホラー地味たミステリーで有名だよね。

🤡「僕も好きなやつ。

『Another』は表紙の感じでは、

ホラーが強そうだね」

そう。

超常現象も起きるし、

ホラーが強い。

しかしミステリー要素も結構あるんだよね。

🤡「ん?どの辺が?」

1箇所、叙述トリックが使われてる所がある。

🤡「叙述トリックというと、

文章の書き方で大事な証拠とかを隠すやつだな」

そう、しかし絶対に分からない様な

叙述トリック。

その分すごく騙されて面白いんだけど。

🤡「綾辻さんは館シリーズでも、

面白い叙述トリックを多用してるよね」

「Another」の「犯人」を、

しっかり忘れてたのもあって、

楽しかったね。

🤡「すごく大事な所を忘れてたんだな」

3年3組の生徒が毎月死ぬ?

🤡「ところで、どんな話か、

まだ聞いてなかったな」

大事な所を忘れてた😅

主人公・榊原恒一は、

夜見山北中学校の3年3組に転校して来る。

🤡「ん?組まで説明するの?」

これが大事なんだ。

夜見山北中の3年3組は、

毎年、生徒から近い2親等以内の家族か本人が、

毎月必ず

1人死ぬ。

🤡「こわっ!

デカい文字で驚かすな!

どんな死に方をするの?」

色々な死に方がある。

交通事故、

もしくは病気が急変したり、

階段から落ちたり、

理屈では説明できない感じ。

🤡「そこら辺が超常現象って事か」

そして恒一は左目に眼帯をした、

不気味な少女・見崎鳴(みさきめい)

に惹かれる。

🤡「マジか。

怖い話だから、

可愛い女の子がいてくれて、

少し良かった」

可愛いとは限らないでしょ(笑)

ともかく恒一は、

その3年3組の呪いを、

鳴と共に探っていくんだ。

🤡「そこら辺はミステリーだな」

まとめ

  • 綾辻行人さんの新作「Another2001」を読むために、「Another」上下巻と「AnotherエピソードS」を読み返した方が良い
  • 超常現象の起こるホラー的な展開ですが、叙述トリックを使ったミステリー要素もある
  • 夜見山北中の3年3組は、毎年生徒から近い家族か本人が毎月1人死ぬ呪いをかけられている。恒一と鳴がその謎を探る。

🤡「『Another』ってアニメもあったよね?」

http://www.mxtv.co.jp/another/

確かAbemaTVとかで見れたから、

小説を読んだ後、

アニメを見ても良いかも。

🤡「『Another2001』も、

読み終えたら記事で紹介する?」

そうだね。

ただ辞書みたいに分厚いので、

結構後になるかも?😅

🤡「いや小説だから、

そんなにはかからないでしょ?」

それでは今日は、

この辺にしときます!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます1