周木律「伽藍堂の殺人」の感想!今回の仕掛けはすごい!

広告

こんにちは!

周期律(しゅうきりつ)さんの

「伽藍堂の殺人」の感想

(がらんどうのさつじん)

を、

  1. 仕掛け(トリック)がすごい!
  2. 堂シリーズとして想像がつかない展開が楽しい!

の2点で簡単に説明していきます!

前作「五覚堂の殺人」を読んで、

「次の『伽藍堂の殺人』は

おもしろいのかな?」

と気になる人は

読んでみてください!

と言っても、

五覚堂まで読んだら、

勢いがついて止まらないと思いますが😁

これ以前の堂シリーズを読まずに

いきなりこのページに来た人は、

まずは「眼球堂の殺人」から

読んでください!

絶対!

ebookjapanなら「伽藍堂の殺人」や堂シリーズが半額で読める!詳細は記事の最後で!

今回の仕掛け(トリック)はすごい!

まず「伽藍島の殺人」として、

仕掛け(トリック)が

すごかった!

どこら辺が?

ネタバレになっちゃうから、

詳しいことは全然言えないんだけど、

一言で言うなら、

めっちゃ

ダイナミック!

大胆な感じなの?

大胆というか、

大掛かりというか。

ここまでにしときましょう😅

とにかく、

「伽藍島の殺人」の

仕掛け(トリック)はすごい!

大掛かりでダイナミック!

堂シリーズとして想像がつかない展開!

次に、

ここまでの堂シリーズの

感想を言うんですけど、

想像がつかない展開!

めっちゃ面白い!

具体的には?

これも詳しくは説明できないけど、

  • 十和田只人(とわだただひと)
  • 宮司司(ぐうじつかさ)
  • 宮司百合子(ぐうじゆりこ)
  • 善知鳥神(うとうかみ)
  • 藤衛(ふじまもる)

などの登場人物が、

どう動いて、

どう絡み合うのか?

それによりストーリーが

どう動いていくのか、

全く想像がつかない!

という楽しさを

今味わっています!

シリーズものならではの
物語の変化が楽しいんだね!

周木律「伽藍堂の殺人」の感想まとめ!

  1. 仕掛け(トリック)がすごい!ダイナミックで大掛かり!
  2. 登場人物がどう動いて、どう絡み合うのか?それによりストーリーが想像のつかないものになる!それが楽しい!

というわけで、

「伽藍堂の殺人」、

めっちゃ面白いです!

ヤバいです!

ぜひ読んでみてください!

めっちゃオススメです!

また電子書籍なら

安く読めますよ!

本棚のスペースも取りませんしね!

オススメは、

ebookjapan!

新規登録後の初回ログイン後に、

50%割引クーポンが6枚も出ます!

(割引の上限は1枚につき500円)

このクーポンを使えば、
「伽藍堂の殺人」や
堂シリーズの文庫本は
半額で読めますよ!

残ったクーポンで、

欲しかった文庫本や漫画を、

半額で読む事もできます!

ebookjapanで「伽藍堂の殺人」や堂シリーズを半額で読む!

新規登録は無料です!

登録して試してみてください!

ebookjapanを使う前に、

もっと知りたい!

という人は、

上のリンクに関連記事をまとめてますので、

読んでみてください!

金曜日に16〜40%の
ポイント還元クーポン
が出る、
コミックフライデーなど
お得です!

他の堂シリーズの感想記事は、

上のまとめ記事から

アクセスしてみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!