【本の世界に入り込む物語ってあるの?】森見登美彦さんが好きな人にオススメ!

2023年1月2日

こんにちは〜!

本の世界に

入り込む小説

を紹介します!

「本の中の世界に入ってみたい!」

と思った事がある人は

たくさんいるでしょうね。

そんな小説はあるのでしょうか?

あります!

紹介しますね!

森見登美彦さんの小説が

好きな人に、

オススメしたい小説です!

本の世界に入り込む物語とは?

本の世界に
入り込む小説って、
どんな小説?

深緑野分さんの、

(ふかみどり・のわき)

「この本を盗む者は」

です!

どんな本?

「この本を盗む者は」
って、
どんな本?

詳しくは、

上絵の記事に書いてますが、

200万冊も本を所蔵する

御蔵館(みくらやかた)

その御蔵館から、

本が盗まれるんですよね。

すると舞台の

読長町(よむながちょう)が、

盗まれた本の中の世界に、

変化してしまう。

本の世界に
入り込むというか、
現実の世界が、
本の世界に変化する
のか!

それでも、

本の世界に入り込む

というイメージの範囲だと思います!

  • SF
  • ハードボイルド

など、

4つの世界(4つの短編)の話!

ぜひ読んでみてください!

コミカライズもされたみたいです!

こちらも面白そうです!

本の世界に入り込む物語まとめ

  • 本の世界に入り込む小説といえば、深緑野分さんの「この本を盗む者は」!
  • 御蔵館から本が盗まれると、世界が本の中の世界に変化してしまう!

「この本を盗む者は」は電子書籍で読むと安い!

「この本を盗む者は」、

漫画も小説も、

電子書籍だと

安く読めます!

オススメは、

DMMブックス!

DMMブックスに登録すると、

「この本を盗む者は」の漫画も小説も

70%割引で読めます!

電子書籍
1冊あたりの
定価
70%割引
した後の
値段
小説1650円495円
漫画704円211円
「この本を盗む者は」の小説・漫画の電子書籍はDMMブックス登録の70%OFFクーポンを使うとどれだけ安くなる?

どれだけ安くなるかは、

上の表の通りです!

1650円の小説が
500円以下
読めるのか!

1000円以上の単行本の小説が

70%も安くなるのは

DMMブックスだけ!

電子書籍なら紙の本と違って、

  • 重くない!
  • 本棚のスペースを取らない!
  • 値段が安い!

など良い所もたくさんあります!

DMMブックスで「この本を盗む者は」を安く読む!

登録は無料なので、

ぜひ試してみてください!

ebookjapanなら「この本を盗む者は」の漫画が70%OFF!

また「この本を盗む者は」の

漫画は、

ebookjapanでも70%OFF

なります!

以上です!

もし間違った所があれば、

コメントしていただけると

ありがたいです!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!