渋沢栄一の提唱する「道徳経済合一説」の読み方は?

広告

こんにちは〜!

カワタツです!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

「青天を衝け」

めちゃめちゃ面白かったね!

🤡「渋沢栄一を主人公にした、

大河ドラマだよね!」

名前は出てこなかったけど、

「人のためになる商いをせよ」

という、

「道徳経済合一説」

が良かった。

🤡「それって…

何て読むの?」

あ、結構難しい?😅

じゃあ、

道徳経済合一説の

読み方

について説明しますね!

「道徳経済合一説」の読み方は?

🤡「道徳経済合一説、

何て読むの?」

どうとくけいざい

ごういつせつ

だね。

🤡「『ごういつせつ』か。

そこら辺が難しかったんだよね」

まとめ

道徳経済合一説は、

どうとくけいざいごういつせつ

と読む。

🤡「しかし『道徳経済合一説』、

『道徳のない商いをしてはいけない』

って考え方、

とても良いと思うな」

もし道徳経済合一説について、

詳しく知りたい人は、

渋沢栄一の書いた本、

「論語と算盤」を読んでみてください!

「論語と算盤」については、

このブログでも記事を書いてます!

🤡「『論語と算盤』は、

漫画版もありますよ!」

興味があれば、

読んでみてください!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!