【ネタバレ】【「medium(メディウム)霊媒探偵城塚翡翠」】連続女性殺人鬼の正体は?

2022年11月9日

広告

こんにちは!

こんにちは〜!

相沢沙呼さんの、

「medium (メディウム)

霊媒探偵城塚翡翠」

の、

ネタバレ

を書いていきます!

犯人を先に知りたい人などは、

読んでみてください!

読後の方もぜひ!

  1. 連続女性殺人犯の正体!
  2. 鶴丘文樹という名前の謎!
  3. 最後のシーンに背筋がゾクゾク?

の3つのネタバレをしています!

ドラマ「霊媒探偵 城塚翡翠」

ネタバレでもあります!

ebookjapanなら「medium 霊媒探偵 城塚翡翠」(ドラマ原作)が490円で読める!詳細は記事の最後で!

連続女性殺人鬼の正体は?

連続女性殺人鬼って、
誰なの?
メディウムに出てきた、
登場人物の誰か?

香月史郎。

は?
香月史郎って、
主人公の1人だろ?

そう。

主人公の香月史郎が、

連続女性殺人の犯人なんだよ。

マジか!
主人公が犯人の
パターンか!

そう。

ドラマ「霊媒探偵 城塚翡翠」では、

瀬戸康史さんが演じていますね!

そうか!
瀬戸康史さんが
次の話で退場しちゃうから
5話で終わりなのか!

あ、

そこの所で、

ドラマを見ている

原作未読の皆さんに

伝えたいこと

があるんですよ。

ん?
なに?

犯人が香月だと分かってても、

ドラマ・小説は

まだまだ楽しめる余地を

たくさん残してるんです!

え?
「犯人は香月」
以外にも
まだ隠されてる
ことがあるの?

その通りです!

犯人が香月だと分かっても

ぜひ最後まで見てみてください!

まあ3つ目の見出しを読めば、

少し分かっちゃうんですけどね。

そこまでネタバレを読みたくない人は、

ここまでで読むのをやめるのを

オススメします!

鶴丘文樹の名前を入れ替える?

でも犯人って、

鶴丘文樹

(つるおかふみき)

って名前じゃ
なかったっけ?

香月史郎は、

作家としての、

ペンネームなんだよ。

鶴丘文樹は、

「つるおかふみき」と読むんだけど、

=かおるつきふみ、

=香る月史

=香月史郎

という感じで、

香月史郎というペンネームを、

決めたらしい!

本名をひらがなにバラして、
並べ替えた
ペンネームなのか!

最後のシーンに背筋がゾクゾク?

そして、

城塚翡翠が豹変して、

香月が解決してきた

3つの事件の真相を、

さらにひっくり返した。

これには、

背筋がゾクゾクしたな。

香月が推理した、
3つの事件の内容が、
全部違ってたって事?

いや香月の推理にも、

辻褄は合ってたんだけど、

翡翠が披露した推理の方が、

真相だった。

そして、

翡翠は香月と一緒に行動し、

恋愛感情を芽生えてた?

香月が犯人だった事が、

実はとてもショックだった。

その後落ち込んでしまった。

切ない気持ちが
伝わってくるね〜!

そこら辺については、

上の記事で説明してますので、

読んでみてください!

というわけで、

豹変した城塚翡翠によって、

香月史郎が推理した、

3つの事件の真相が、

全て覆されました!

これには背筋がゾクゾクしました!

「メディウム」のネタバレまとめ

  • 連続女性殺人犯の正体は、主人公の1人・香月史郎。
  • 鶴丘文樹→つるおかふみき→かおるつきふみ→香月史郎
  • 香月が推理した3つの事件の真相が全てひっくり返される!背筋がゾクゾクした!

というわけで、

メディウムのネタバレでした!

もし、

まだメディウムを読んでない人は、

お得に読む方法があります!

ebookjapanで「メディウム」を読む!

ebookjapanなら、

電子書籍がお得です!

毎週金曜日に、

20%以上ポイントが還元される、

クーポンが出ます!

コミックフライデーという名前ですが、

小説もポイント還元されますよ!

PayPayの
支払いのみですが、
還元されたポイントは、
その場で、
すぐ使えますよ!
実質的に割引!

また新規登録後の、

初回ログイン後に、

50%割引クーポンが6枚も出ます!

最大で3000円の割引!

ebookjapanで「メディウム」を読む!

とりあえず、

新規登録して試してみてください!

無料で読める漫画も、
たくさんありますよ!

mediumやinvertシリーズの

関連記事は上の記事でまとめてます!

興味がある記事から

読んでみてください!

以上です!

この記事の感想など、

コメントいただけると嬉しいです!

Twitterのフォローも、
よろしくお願いします!

それでは今日はこの辺で失礼します!

さようなら〜!!

最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます!