小説,戦国時代,歴史

武田信玄の父・信虎の小説、信玄の軍配者・山本勘助の小説、裏切者?穴山信君の小説、武田家の経営状況を書いた本、信虎・信玄・勝頼三代の史実を書いた本、武田氏滅亡時の史実を書いた本など、武田氏を題材にした本6冊を紹介します!武田信玄や武田氏 ...

ミステリー,小説,戦国時代,歴史

米澤穂信「黒牢城」は歴史とミステリーを兼ね備えた小説!織田信長を裏切り有岡城に籠城した荒木村重らの籠城中の具体的な様子が足掻かれていて、なおかつ謎の事件が起こります!それを土牢に閉じ込めた黒田官兵衛の助言を聞き、荒木村重が解決するミス ...

戦国時代,歴史,江戸時代

関ヶ原の合戦ってどんなイメージ?徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が関ヶ原で大軍同士の合戦をした?全然違うんです。大軍同士の戦いはなかったし三成は首謀者じゃなかった。「天下分け目の関ヶ原合戦はなかった」は関ヶ原合戦の史実を書いてあ ...

エッセイ,ギャグ,戦国時代,歴史,漫画(マンガ),経済金融

Twitterの漫画家さん、フォローしてますか?この記事ではオススメのTwitter漫画家さん7名を紹介します!雑な絵でマニアックなオチ?車中泊生活?経済解説漫画家?三角コーン漫画家?オタクが戦国時代にタイムスリップ?オヤジは美少女V ...

戦国時代,歴史

宇喜多秀家が五大老まで出世した理由は何?秀吉のおかげ?宇喜多家の家臣がたくさん離反した宇喜多騒動の詳しい内容は?関ヶ原の戦いで負けた後、秀家が島津家に匿われて八丈島に流されるまでの経緯は?大西泰正「宇喜多秀家 秀吉が認めた可能性」に全 ...

戦国時代,歴史,江戸時代

島津義久・義弘にはどんなイメージがありますか?実は島津家はグダグダで貧乏なんです。そんな島津家の正体が新名一仁先生の『「不屈の両殿」島津義久・義弘』で分かります!石田三成の島津への内政干渉、朝鮮出兵での貧乏、庄内の乱、関ヶ原の戦いの的 ...

戦国時代,歴史

この記事では天正伊賀の乱の基本的な事を説明しています!この記事を読んで詳しい事が知りたくなったら和田裕弘さんの「天正伊賀の乱」を読んでね!という気分で書きました!天正伊賀の乱は3回!1次は織田信長の息子・信雄が惨敗、2次は小田郡により ...

古代史,室町時代,小説,戦国時代,歴史

木下昌輝さんの歴史小説4作を紹介します!宇喜多直家を題材にした「宇喜多の捨て嫁」、宇喜多秀家を大事にした「宇喜多の楽土」、大阪の四天王寺の大工集団「金剛組」を題材にした「金剛の塔」、応仁の乱の時代の少年たちを描いた「応仁悪童伝」など4 ...

小説,戦国時代,歴史,江戸時代

上杉家関連の本・小説を紹介します。有名な上杉謙信や、その子・景勝、さらにその忠臣・直江兼続。さらに江戸時代の米沢藩上杉家を建て直した上杉鷹山などの本・小説9作を紹介します!軍配者?宇佐美定行や忠臣蔵まで?大河ドラマの原作小説もあります ...

室町時代,小説,戦国時代,歴史

女性歴史小説作家・武川佑さんの小説を3作紹介します!武田信虎は暴君ではない?穴山信君が武田家を裏切るのも当然に思える?くじ引き将軍・足利義教と左手のない女性の小説?当たり前に思えていた歴史の認識を覆される小説ばかり!面白いですよ!ぜひ ...