【上杉謙信・景勝・直江兼続・鷹山など!】上杉家関連の本・小説9作を紹介!

2021年9月4日

広告

こんにちは〜!

カワタツ( @TKkidd_mbht )です!

🤡「どーも!

デルピエロです!」

突然だけど、

上杉謙信って好き?

🤡「そりゃあ大好きさ!

戦さの天才だもんな!」

じゃあ景勝とか鷹山とか、

直江兼続とか、

謙信以降の上杉家は?

🤡「う〜ん、

その後の上杉家は、

領地を削られて貧乏になったり、

地味な話が多いよね」

そうだよね😅

今日は、

その上杉家の本を、

全部で9作、紹介します!

🤡「9冊!

結構あるな!」

上杉謙信や景勝、

直江兼続や鷹山など有名な人に加え、

宇佐美定行や、

忠臣蔵に関わった上杉家臣など、

色々取り揃えてますよ!

上杉謙信の小説?

まずは、

上杉謙信の小説から!

🤡「初心者には史実を書いた本より、

小説が良いよね」

海音寺潮五郎さんの、

「天と地と」

です!

🤡「これは確か、

大河ドラマになった小説では?」

1969年の大河ドラマの原作だね!

上杉謙信の子供の頃から、

川中島の戦いでの、

武田信玄との戦いを描いた小説だよ!

上杉謙信は義の武将じゃない?塩は送ってない?

🤡「上杉謙信といえば、

「敵に塩を送る」で有名な、

義の武将だよね」

あちゃ〜。

「敵に塩を送る」は、

史実じゃないんだよ?

🤡「え?

知らなかった!

じゃあ、

上杉謙信は義の武将じゃないの?」

上杉謙信が義の武将かどうかは、

上の、

『上杉謙信

「義の武将」の激情と苦悩』

を読んだら分かるよ!

🤡「謙信は義の武将なのか?

そうではないのか?

謙信の真の姿、

どんな人かが気になる人は、

上の本を読んだら分かるんだね!」

上杉謙信の関東出兵「越山」についての本?

🤡「上杉謙信って、

関東地方にも出兵してるんだよね?」

そうだね。

北条氏の小田原城を攻めたりしてるよ。

この「謙信越山」では、

謙信の関東出兵について、

詳しく書いてあるよ!

🤡「北条氏や関東の大名との、

戦いを書いた本って事?」

そう、関東の大名についても、

詳しく書いてあるよ!

謙信の軍配者?宇佐見定行の小説?

次は上杉謙信の軍配者、

宇佐美定行(うさみさだゆき)

を題材にした小説を紹介します。

宇佐美定満(さだみつ)と、

同一人物だと思うんだけど。

🤡「この『謙信の軍配者』、

『早雲の軍配者』『信玄の軍配者』と続く、

長編小説の最後の作品だよね?」

そう、できれば「早雲」「信玄」から、

読んで欲しいです😅

軍配者を目指す3人の若者の、

青春を描いた小説でもあり、

面白いですよ!

直江兼続の小説?大河ドラマ原作?

🤡「謙信の本はもう充分だよ。

他の上杉の人に関する本を読みたいな」

じゃあ次は、

直江兼続に関する本を。

「天地人」

という小説を紹介します!

🤡「この小説、

大河ドラマになってたよね?

妻夫木聡主演で」

その通り。

直江兼続を主人公に、

謙信の晩年から、

本能寺の変直前の上杉滅亡の危機、

会津転封、

そして関ヶ原の戦いの時、

石田三成方に付いて、

負けて米沢に転封になるまでの事を、

書いてあるよ!

🤡「面白いの?」

関ヶ原の戦い直前、

諸大名を上杉だけで一手に引き受けようとした、

緊張感が楽しい小説です!

オススメします!

直江兼続、伊達政宗、最上義光の3者の視点の小説?

次も直江兼続がメインの小説ですが、

今度は伊達政宗、最上義光、

そして直江兼続の、

3人の視点で語られる小説です!

🤡「その3人という事は!」

そう、関ヶ原の戦いの時の、

東北地方での戦いを描いた小説だよ!

「奥羽関ヶ原」という小説。

🤡「この小説の面白い所は?」

最初、政宗・義光は、

栃木県の小山に集結してた東軍と、

上杉軍を挟み撃ちにするだった。

🤡「上杉を倒せば領地切り取り放題だ!

チャ〜ンス!

と気合入ってたわけだね。」

ところが東軍が関ヶ原に行ってしまって、

「え?

俺らだけで上杉とやるの?

聞いてないんだけど〜!😨」

って慌てる展開になる所です😂

🤡「性格悪いよ」

長谷堂城の戦いの激しさも際立ちます!

前田慶次も出てきますよ!

上杉景勝の本?

🤡「直江兼続の本もいいけど、

主人の上杉景勝の本はないの?」

あるよ!

『「東国の雄 上杉景勝

屈すれども滅びず』

という本。

🤡「おっ、

上杉謙信「義の武将」の激情と苦悩』

と同じ、今福匡先生の本だな」

この本、今読んでる途中なので、

詳しくは後で追記しますが、

景勝の実家・上田長尾家のルーツから、

書いてあります!

🤡「すごい。

長尾家の歴史から、

景勝を知れるんだね」

上杉鷹山の米沢藩改革の厳しさを描いた小説?

🤡「上杉って、

江戸時代にも有名な人、

いたよね?」

上杉鷹山(うえすぎようざん)の事?

🤡「そう!

その人!」

米沢藩の財政改革をした藩主だね〜。

この「上杉鷹山」という小説で、

鷹山の米沢藩の改革への、

多難の道が描かれてるよ。

🤡「多難の道?」

頭の固い上杉家の重役が、

鷹山の改革を邪魔するんだ😅

🤡「うわ!

嫌だな〜!」

狭い米沢に閉じ込めれて、

関ヶ原の戦い直後から財政が破綻してた、

米沢藩。

鷹山の財政再建への苦難の道を、

描いた小説です!

江戸時代の上杉も面白いです!

忠臣蔵と上杉家は関係ある?

最後に忠臣蔵の小説を。

🤡「忠臣蔵?

上杉家と関係あるの?」

吉良上野介の息子・綱憲が、

上杉家の養子になって、

米沢藩主になるんだよね。

🤡「あっ意外と関係あるな」

そこで綱憲が贅沢をしまくって、

米沢藩の財政破綻の、

一つのきっかけにもなる😅

🤡「後世の鷹山の負担が増えるわけだね」

あと上杉家家臣の、

山吉新八郎が印象的だったので、

この小説「忠臣蔵」も、

上杉家に関係する本として、

紹介してみました。

以上、上杉家に関する本を、

9冊紹介してみましたが、

気になる本はありましたか?

🤡「少し強引なセレクトでしたが(笑)

でも気になる本はあったな〜」

🤡「hontoで、

近くの丸善やジュンク堂の店舗にあるか、

在庫検索しよう!」

なかったらhontoで取り寄せて、

店舗受け取りだね〜!

それでは今日はこの辺で失礼します!

🤡「さようなら〜!」

最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!